• ホーム
  • インフルエンザ治療薬リレンザは副作用が少ない

インフルエンザ治療薬リレンザは副作用が少ない

鼻をかんでいる女性

インフルエンザにかかった場合、ふつうの風邪に類似した、喉の痛みや腫れ、頭痛、くしゃみ、せきなどといった症状のほかにも、筋肉痛などの全身的な症状や、38度以上の高い熱をともなうことが多いといえ、トータルでみれば、風邪とは比較にならないほどの症状の重さがあるものです。
そこで、こうした症状があらわれた場合には、すみやかに病院に行って、リレンザのような抗インフルエンザウイルス薬を処方してもらうのがよいといえます。
リレンザの場合であれば、吸入器が付属していますので、これを用いて薬剤を喉の粘膜に直接届けることができます。
ピンポイントでウイルスが増殖している部分に薬剤が吸収されるので、他の錠剤を飲むタイプなどの医薬品にくらべると、まだしも副作用が少ないといえるでしょう。
抗インフルエンザウイルス薬に関しては、服用したあとで幻覚や異常行動がみられるといった事例が報告されており、特に若い世代の患者が建物の高層階から飛び降りて亡くなる事故も発生していることから、社会的な大問題となりました。
リレンザについては、他の銘柄とは違って、こうした傾向が顕著にあるわけではないとされています。
そもそも、インフルエンザの高熱によって脳症にかかった場合にも、幻覚などが起きやすいとされていますので、実態としてはかならずしも副作用といいきれない部分もあるのです。
それでは、高熱を解熱剤で下げることが認められるかどうかですが、インフルエンザの高熱は、免疫力を高めるための体の自然な反応でもあるため、あまりにも高熱すぎて危険な場合を除いては、むやみに熱を下げる必要はないとされています。
また、解熱鎮痛剤のなかでもアスピリン系のものは、ライ症候群のような副作用をもたらす可能性があるため、インフルエンザの際にはイブプロフェンなどの別の系統のものを使用したほうがよいとされています。