• ホーム
  • リレンザの適切な服用方法とは

リレンザの適切な服用方法とは

せきが出ている女性

リレンザやタミフルは抗インフルエンザ薬と呼ばれ、インフルエンザに感染した時やインフルエンザにかからないように予防する時に使用されます。
予防薬としては一般の人には処方されることはなく、妊娠している人や、慢性疾患がありインフルエンザにかかると危険な場合など特定の人に処方されています。
この場合自費となることが多いです。
リレンザなどのインフルエンザの薬を使う際、タイミングを間違えると効かないことがあります。
リレンザやイナビル、タミフルはウイルスが増えていくのを防ぐ薬のため、インフルエンザの初期症状である高熱が出て48時間以内でないと効果が出ません。
48時間を過ぎてしまうと飲んでも効果が現れないので受診時期に気を付ける必要があります。
服用を開始するとウイルスの増殖を止めるため、倦怠感や筋肉痛がなくなり、体力が緩やかに戻っていきます。
リレンザは5日間の服用が多いですが、5日目となると普通に生活ができるようになります。
普通に生活ができてもウイルスの増殖を止めているだけなので吸入するのを忘れてしまうと再び活発化する危険性があります。
吸入することを忘れないように気を付けます。
リレンザは楕円形の専用の吸入器を使用して吸入します。
初めての場合は容器の持ち方などわからず、うまく吸えないことが多いです。
そのため吹き出してしまったり、急に出てきた薬に驚いて吐いてしまったりということがあります。
リレンザが処方されると医療機関で練習を兼ねて1回分吸い、説明書もついていますが、動画で確認をした方がよくわかります。
動画は具体的な持ち方や息の止め方、吸うタイミングに関して説明されています。
動画と一緒に行うと吸うポイントがわかるので、確認がしやすくなっています。
利用歴のある方は、処方せんを介さずリレンザの通販サイトで入手することもできるので、そちらの利用もオススメします。