• ホーム
  • 赤ちゃんのインフルエンザ治療にリレンザは使用可能?

赤ちゃんのインフルエンザ治療にリレンザは使用可能?

冬の時期になるとインフルエンザが流行します。
インフルエンザウイルスは大変感染力が強く、家族内にインフルエンザに感染した人がいると、家族全員が感染することもあります。
インフルエンザのウイルスは主に、飛沫や、接触、空気によって感染していきます。
ウイルスは乾燥した空気内であれば、2日ほど浮遊することができ、その浮遊しているウイルスを吸い込むことによって感染します。
そのため、流行時期には人の集まる場所に行かないことが大切になります。
インフルエンザは風邪と違うため、赤ちゃんであっても感染します。
赤ちゃんは体が小さいため大人よりも重症化しやすく、40度以上の熱が出て、ぐったりとすることが多いです。
また、赤ちゃんによっては、嘔吐や下痢といった消化器症状から始まることもあります。
食欲がなかったり、機嫌が悪かったり、体が熱い場合はきちんと受診するようにしましょう。
なお、風邪かもしれないと市販の解熱剤を使用してしまうと、インフルエンザ脳症を起こす危険性があります。
インフルエンザの流行時期に発熱した場合は、むやみに薬を使用するのをやめましょう。
大人の場合、インフルエンザの治療薬として、リレンザやタミフルが使用されますが、1歳未満の赤ちゃんの場合、安全かどうか確認されていないため、これらの薬は使用できない決まりになっています。
1歳以上の場合はタミフルドライシロップが処方されますが、基本的に免疫力による治療法となります。
赤ちゃんがインフルエンザに感染した場合は、水分補給をしっかりおこなる、室内加湿器を利用し、部屋の湿度を50%から60%にする、ウイルスが充満しないよう、1時間に2回は換気をする、お風呂は控える、といったことが大切です。